クリップスで働く人たち

INTERVIEW

ホーム | クリップスで働く人たち

Chika Kobayashi

小林 千花

所属:ビジネスプロモーション部
業務支援グループ

職種:経理・総務担当

入社:新卒入社

クリップスに入社した決め手はなんですか?

旅行に行った際にホテルの従業員の方々が忙しそうにしているのを見ていたため、ホテル業界をIT面でサポートしているこの会社を選びました。

クリップスの魅力はどんなところですか?

先輩社員の方々と気軽に話せる環境のためコミュニケーションがとりやすいことです。
業務内容に不明点があり、先輩社員の方に質問した時に丁寧に教えていただけますので仕事がしやすい環境です。

働く前と働いた後のギャップなどがありましたら教えてください。

IT系のため暗いイメージがありましたが、皆さん明るい方で会社自体も明るく感じます。上司の方や先輩社員の方に聞きづらいかと思いましたが、とても質問しやすい環境です

入社してよかったことはなんですか?

一つの業務を任せてもらったことです。部署内の人数が少ないため入社1年目から請求業務を任せてもらいましたので、仕事に対する責任感を持つことができました。

たのしかった思い出はなんですか?

年末に東京で行われるグループ会社の大納会です。通常は新潟本社のオフィス内で座って仕事していますが、いろいろな方が集まる大納会に参加することで、有名人の方に会ったり仕事中の社員の方とは違う面が見られたりして楽しい時間でした。

苦労したことや失敗談があれば教えてください

苦労したことは請求業務の中で請求方法や請求期日を覚えることです。お客様ごとに請求方法や請求期日が違うため最初は覚えることが大変でした。先輩社員の方に何度も確認したり、相談したりして覚えることができました。

プライベートはどのように過ごしていますか?

週末は実家に帰って家族と過ごしたり、学生時代の友人や会社の同期と食事や買い物をしたりして気分転換をしています。趣味は旅行することです。社会人になってから県外に行くことは少し減りましたが、旅行に行くことにより新しい発見をすることができるので、よく旅行にいっています。

会社の課題だと感じていることは何ですか?

主力製品であるねっぱん!のお客様が今後もさらに増加すると思われますので、会社全体でねっぱん!の良さを伝えられるよう営業力を高めることが課題かと思います。

これからどんな会社にしていきたいですか?

現在業界トップシェアのねっぱん!サイトコントローラーですが、今後もホテル業界からねっぱん!をより必要としてもらえるようにお客様をいつも大切にする会社になれたらいいと思います。

小林さんがクリップスでなりたい将来像を教えてください。

後輩ができたとき気安く相談してもらえる雰囲気を作ったり、他部門の方から私が行っている業務や事務に関することを聞かれたりした際にわかりやすく伝えられる社員になりたいです。

これから応募する人に向けて一言お願いします

社員の方は皆さん明るく楽しい方ばかりでアットホームな会社です。アットホームな会社を探している方は是非応募してください。

Tomohiro Azegami

畔上 智敬

所属:CSソリューション部 
花グループ

職種:グループリーダー

入社:中途入社

クリップスに入社した決め手はなんですか?

私は中途入社なのですが、前職でサービス業に携わっていましたので接客の経験を活かせると思ったことです。そして、パソコンやタブレットなどIT製品をいじるのが好きという趣味もありますので、この会社であれば自分の経験と知識を存分に発揮できると直感したところが決め手になりました。

この仕事のやりがいはなんですか?

お客様に「また畔上さんに対応をお願いしてもいいですか」と頼りにされることや、時に難しい調査案件の対応をして解決できた時は喜びや達成感がこみ上げてきます。

クリップスの魅力はどんなところですか?

なんといっても業界トップシェアのサイトコントローラーを運営しているところです。それも新潟発ですので、地元に誇れる製品サービスであると自負しています。また、社長をはじめ上司部下の距離が近いことや、部署間の隔たりが少ないのでコミュニケーションを取りやすいところも魅力です。

働く前と働いた後のギャップなどがありましたら教えてください。

実際に働きはじめてみて「覚えることが多すぎる…果たして自分に務まるのか!?」と率直に感じました。そういった不安を感じていましたが、わからないことがあっても先輩社員は快く説明してくれるので、月日が経つにつれてそういった不安はいつの間にかに無くなっていました。

入社してよかったことはなんですか?

ITの知識がより深くなったところです。資格取得による手当が充実しているので自ら学習する習慣が身につきました。また、宿泊業界に関しての知識はほとんど無い状態で入社しましたが、周囲のサポートが手厚いので不安なく知識を身に付けていくことができ、成長を実感できることが入社してよかった点と考えています。

たのしかった思い出はなんですか?

不定期で開催する社内バーベキュー大会や飲み会などの懇親会が楽しくていい思い出です。また、毎年年末に東京で行われるグループ会社の大納会も有名な方がゲストで来たりするので楽しい時間を過ごせますよ!

苦労したことや失敗談があれば教えてください

まだ経験が浅い頃にお客様の質問に対してお客様の意図していない回答をしてしまったことです。社内で先輩に確認して自分の間違いであることに気づきまして、再度お客様に連絡をして解決しましたが、お客様の質問に対して少しでも不明な点があれば何回でもヒアリングして、真意をくみ取ってから回答することが重要であると感じました。

プライベートはどのように過ごしていますか?

音楽を聴きながらドライブするのが好きなので、休日の晴れた日にはよく遠出をしてリフレッシュしています。

会社の課題だと感じていることは何ですか?

成長企業の悩みでもあると思いますが、社員教育が仕組みとして確立していないように感じています。お客様の数が日々増加しているため、みなさん忙しいのが要因でもありますが、今後は教育担当者に時間を割り当てるなど工夫をしていけたらと思っています。

これからどんな会社にしていきたいですか?

素直にどんどん規模を大きくしていき、新潟の発展に貢献できる会社にしていきたい。そのために新しい仲間に参加してもらい、新しい分野にも進出してくことを検討してみたいですね。

畔上さんがクリップスでなりたい将来像を教えてください。

次世代のリーダーとして後輩社員やこれから入社する社員の育成に尽力したいと考えています。また、楽しく面白く働くことをモットーにしているので「畔上がいるから楽しく働ける!」と思ってもらえるようになれたらこの上ない幸せです!

これから応募する人に向けて一言お願いします

クリップスは社員相互に支え合う環境が整っていますので、何も不安なく働くことができます。ぜひ、応募に一歩踏み出して共に明日のクリップスを築いて行きましょう。

Miku Nakazawa

中澤 美久

所属:ITイノベーション部 
システム開発グループ

職種:システムエンジニア

入社:新卒入社

クリップスに入社した決め手はなんですか?

私はもともとWeb系に興味がありましたのでWeb系のシステム開発ができる会社を探していました。また、私は旅行が好きで、普段から利用しているホテルや予約サイトなどに関連する事業を行っていることを就活で知りましたのでこの会社に決めました。

この仕事のやりがいはなんですか?

自分がシステム開発に携わった機能や画面がお客様にリリースされ、お客様に使っていただいていることを知った時にやりがいを感じています。

クリップスの魅力はどんなところですか?

社内の協力体制とお客様主義の考え方が魅力だと思います。一つ目は、誰かが困った時にはすぐに周りの人が助けてくれるので安心して働くことができるからです。二つ目は、社風として常にお客様のご要望やご意見を大切にしていますので、お客様との関係性が良好であり結果的にお客様からの支持が高いと感じられることです。

働く前と働いた後のギャップなどがありましたら教えてください。

システム開発についてだけではなく業界の知識なども含めて、働いてから学ぶことや知ることが多くありました。IT系の会社やシステム開発職は静かなイメージがありましたが、弊社では周りの社員が気さくに話しかけてくださるのでとても嬉しかったです。

入社してよかったことはなんですか?

最初は簡単なことからでしたが、徐々に色々な仕事を任せていただきましたので少しずつ知識が身についていきました。自分が作ったシステムを実際にお客様が利用することを考えると、業務に対する責任感が強くなったと思います。また、年に1回東京で開催される業界最大の展示会「ホテルレストランショー」の担当に抜擢されるなど、システム開発以外の経験もすることができたのも入社して良かったことです。

たのしかった思い出はなんですか?

社員の方と仲良くなり色々な話ができるようになったことです。仕事中はもちろん集中していますが、お昼休みや仕事帰りに一緒に食事をしたり、時には社員と飲み行って女子会トークを楽しんだりしています。

苦労したことや失敗談があれば教えてください

学生時代に学んだことはシステム開発の基礎的なことでしたので、入社したての頃はその知識を活用する方法がわからなくて苦労しました。まだ小規模なシステム改修を任されることが多いのですが、別の方が作成したソースプログラムを理解するのが大変でしたが疑問点は周りの方に確認して解決しています。一方で、経験の少ない私にとって他者が作成したソースプログラムを読むことは、効率的かつ確実性の高いプログラミング技法を学ぶいい機会でもあるととらえています。

プライベートはどのように過ごしていますか?

仕事帰りや休日は家事をしたり買い物に出かけることが多いです。食べることが好きなので、友人と美味しいお店を探してたくさん食べています。美味しい食べ放題のお店を見つけたときは幸せを感じます。あと、オンとオフのメリハリをつけるように心がけています。

会社の課題だと感じていることは何ですか?

会社の課題はまだよくわかりません。個人的な課題となりますが、まだ部門内で完結する業務だけしかしていませんので、いずれは他部門の方ともかかわって業務に必要な知識を高めたいと思っています。

これからどんな会社にしていきたいですか?

常に向上心を持ち全員で目標に向かって取り組んでいけるような会社にしていきたいです。

中澤さんがクリップスでなりたい将来像を教えてください。

周りの人から頼ってもらえるような、安心して仕事を任せてもらえるような人になりたいです。

これから応募する人に向けて一言お願いします

とてもやりがいのある仕事で働きやすい環境だと思います。一緒に働ける日を楽しみにしています。

Shinya Narita

成田 慎也

所属:ITイノベーション部 
システム開発グループ

職種:システムエンジニア

入社:新卒入社

クリップスに入社した決め手はなんですか?

理由は様々ですが、一番の理由は新潟市内でシステムの開発業務に携われるということです。また、SIerではなく自社でサービス展開している会社であることも大きかったです。

この仕事のやりがいはなんですか?

自社製品サービスを運営・開発しているため、システム仕様についてはエンジニアの発想や意見が採用されることが多くありますし、そういった点にポジティブな反応が聞けた際にやりがいを感じます。また、苦労して開発したものがリリースされ、正常に稼働した際にも安心と同時に達成感を得ることができます。

クリップスの魅力はどんなところですか?

大企業ではなかなか難しいことだと思いますが開発チームとサポートチームとの距離感が近く、お互いの意見をいつでも交換できる雰囲気であることが魅力的だと思います。

働く前と働いた後のギャップなどがありましたら教えてください。

特にありません。新卒入社だったため正社員として勤務することに対して理解が薄く、まずは働いてみてどういうものなのか知ろうという意識でいました。

入社してよかったことはなんですか?

学生時代にもIT系やプログラミングに関する学習をしていましたが、実際にシステム開発に携わってみて初めて理解することが多かったです。そのため、最初はわからないことだらけだったのですが、柔軟に仕事内容をアサインしていただき徐々に理解を深められたことです。

たのしかった思い出はなんですか?

年末に東京でグループ会社の大納会が開かれるのですが、グループ全社員が対象の非常に大きなイベントですので毎年楽しんでいます。

苦労したことや失敗談があれば教えてください

新機能のリリースの際、操作ミスによって本番環境で動作しなかったことがありまして、その時はかなり焦りました。上司や先輩に相談して対処方法を教えていただいたり、リカバリー作業をフォローをしていただいたりして何とか解決しました。

プライベートはどのように過ごしていますか?

オートバイに乗るのが好きなので、オンシーズンには海岸線や山道、サーキットなどを走ったりします。オートバイで走るとスカッとしますのでいい気分転換になります。また、友人を誘ってふらりと飲みに行ったり、一緒に買い物や遊びに行ったりと、プライベートではかなり自由な時間の使い方をしています。

会社の課題だと感じていることは何ですか?

現在の主力事業が一つの業界向けですので、10年後20年後を見据えた際には別の業界向けにも柱となる事業が必要であると感じています。社員がアイディアを出しながら少しずつその可能性を模索していけたら良いと感じています。

これからどんな会社にしていきたいですか?

事業規模を広げていきたいです。そのためにも全員がアイディアを発信しやすい環境にできたらと思います。

成田さんがクリップスでなりたい将来像を教えてください。

現在は現場で開発や設計をする立場ですが、将来的には開発プロジェクトをマネージメントする立場を目指したいです。

これから応募する人に向けて一言お願いします

自社の製品サービスを運営・開発する現場を実際に体験できる職場です。新潟市内でこのような開発に従事できる企業は少ないと思います。条件に合う方は是非一緒に働きましょう!

ENTRY